第7回伝統文化交流会「和の出会い」参加

7月 7th, 2021

2021年6月20日伝統文化親子教室に参加している会員と平成尺八塾の会員で参加出演しました。本来は1月に実施予定でしたが、今般のコロナ感染防止のため、6月に延期になったためでした。子ども教室の練習も学校では会場が公開されず、地域の集会所に移して実施してきました。また平成尺八塾の活動もこの間ほぼ稽古はできない中でしたが、出演可能なメンバーで演奏しました。

箏はさくらと当地調布市ゆかりの「思い出のアルバム」を演奏しました。

尺八演奏は「春のメロディー」風間禅寿編曲と「翼をください」門傳良男編曲の演奏を行いました。

 

調布人図鑑

6月 26th, 2020

https://www.youtube.com/watch?v=C9nEkusR5dY

第41号を発行しました

4月 15th, 2020

第11回忘れまいぞ3.11from調布を延期します

3月 7th, 2020

各方面の皆さんに協力を得て準備してきました忘れまいぞですが、新型コロナウイルスの感染が蔓延し始めていることから延期のやむなくに至りました。ここに謹んでお詫び申し上げます。鎮静化を見計らい改めて開催いたします。その時に皆様の思いを寄せていただきたいと思います。

第11回忘れまいぞ3.11from調布

2月 24th, 2020

今年は11回目になります。

この忘れまいぞのイベントは発災の翌年からですが、その前段として、発災直後の2011年3月中に支援物資の調達と現地への送付を3回行いました。送付先は宮城県石巻でした。4月には福島県から浪江町の方が東京味の素スタジアムに避難されてきていましたので、200名の皆さんの一食分の炊き出しボランティア活動を行いました。そして、5月には仲間3人で友人の住む大船渡市に、南蛮屋さんのご好意を受け600杯分のコーヒーをもって被災地の訪問をしました。主たる訪問先は大船渡市末崎町の中学校体育館と大槌町伝承館他。また、私が代表する調布市ウオークリング協会(ウオーキングを月1回のペースで開催しています)として3月から9月までの半年間分の参加費(288人×300円)分を日赤と朝日厚生文化事業団へ寄付。その他毎年3月の参加費を寄付等をしてきています。このような前提のもと開催しているイベントです。被災された方は事件が風化し忘れ去られることを一番危惧されています。皆さんおいでください。一緒に復興を願いましょう。

このほかチラシの経過にある通り、福島県被災地の仮設住宅慰問、大船渡の仮設住宅への慰問等を行っています。

第1回道山会に出演します

1月 2nd, 2020

第1回001

道山会門人としての出演です。

第40号2020年1月1日号を発行しました

12月 29th, 2019

藤原道山先生からもお言葉をいただきました。

竹新聞40号

第39号を発行しました

11月 19th, 2019

従来のペースの発行期間になりました。会員の活躍がお伝えできるようになりました。

塾新聞第38号を発行しました

7月 7th, 2019

塾新聞第36号から34号

7月 2nd, 2019